芸スポ速報ニュース+

芸能&スポーツ情報を中心にいち早く新鮮な話題のニュースをお届け!


    人気の商品が日替わりで登場。毎日お得

    picture
    1:5ch名無し民2023/05/10(水) 23:07:16.48ID:MuEAqerO9

    「すべての選手をチェックしようとしている」

    旗手や古橋を招集外にした理由について「リーグのレベル」に言及した森保監督。(C)SOCCER DIGEST

     ワールドカップ後にポルトガル代表監督に就任したロベルト・マルティネスは、セルティックで戴冠に貢献してきたジョッタの存在を忘れていない。

     ポルトガル代表の同じポジションには、チェルシーのジョアン・フェリックスやミランのラファエウ・レオンといったワールドクラスが控えている。
    だが、英紙『The Scottish Sun』によると、マルティネスはジョッタにも注目しているか聞かれると「もちろんだ」と答えた。

    「ジョッタはそのクオリティからポルトガル代表にとって非常に重要な選手だと思う。
    非常に素晴らしい成長だった。特にここ数か月の彼は、セルティックでとても成熟した存在となっている。
    いつも大事な瞬間に絡んでおり、それは重要なことだ。とても安定していたことも非常に良い。代表チームに入るだけのポテンシャルがあるのは確かだ」

     ポルトガル代表指揮官は「フェリックスやレオンといった選手たちもいる」と、競争が激しいことを強調したうえで、「彼は非常に進化した」と続けている。

    「すべての選手をチェックしようとしている。ジョッタもそのひとりなのは当然だ。
    彼は魅力的だよ。ポルトガルは5大リーグで82選手がプレーしている。
    そしてジョッタのように、出番を待っている素晴らしいタレントを持った選手たちもいる。我々は近くでそういう選手たちを追っているよ」
     
     スコットランドリーグでのプレーは不利との見方もあるが、マルティネスは「スコットランドでやっているからといって、ジョッタに同じチャンスがないということではない」と話した。

     これを受け、Sun紙は「日本代表監督のハジメ・モリヤス(森保一)は最近、キョウゴ・フルハシとレオ・ハタテを招集しなかったのは、スコットランドのリーグを評価していないからだと主張した」と報じている。

    「だが、マルティネスはそういう見方をしていないようだ」

     ジョッタ同様、セルティックに欠かせない大黒柱となっている古橋亨梧や旗手怜央が日本代表に招集されていないことを不思議に思う声は後を絶たない。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2e36a4ef114eb900855eeda318d42c1735331a00


    5/10(水) 17:15配信



    【森保は前田をW杯メンバーに選んで先発で使ってるの知らないの?】の続きを読む

    1:5ch名無し民2023/05/11(木) 00:04:32.49ID:l/iXRcB99

    https://news.yahoo.co.jp/articles/67dcacbaa8f508b254f640b1c31339c03236cce2?page=1



    大乱調を繰り返す藤浪晋太郎、改めて問われる「阪神の責任」 育成に難があるチーム事情


     今季からメジャーで戦う藤浪晋太郎(29才)が、ある意味で大谷翔平以上の注目の的となっている。昨年限りで阪神を退団した藤浪は、約4億円(推定)の好条件でアスレチックスと契約。オープン戦で3勝を上げ、開幕ローテーションの座を掴み取ったが、先発では、

    ・4月1日 2回1/3 8失点
    ・4月8日 4回1/3 5失点
    ・4月15日 6回 3失点
    ・4月22日 2回1/3 8失点

     と、ボロボロの投球が続いて中継ぎに回され、その後も、4月29日は1回で2失点、5月6日は3分の1回で3失点、5月8日は1回1/3で3失点と、散々な結果となっている。

    「藤浪のこれまでの成績は(5月9日時点)、20回2/3を投げて四球が19個、自責点32、失点33で、防御率は実に13.94。1イニング投げるごとに1.5点取られる計算です。とにかくストライクが入らず、四球でランナーを溜めてしまい、ストライクを取りに行って痛打されることの繰り返し。阪神時代と何一つ変わっていません」(野球ライター)


     藤浪は高校時代に甲子園春夏連覇を果たし、ドラフト1位で阪神に入団。1年目から10勝を上げて新人王に輝くと、2年目は11勝、3年目は14勝と順調に勝ち星を積み上げた、その後は制球難に苦しみ、以後7年で22勝と寂しい結果だったが、197cmの長身から投げ込む速球は160kmを超え、素材は超一流。

     トレード話が何度も浮上しても、阪神は藤浪を手放さなかったが、メジャーでも変わらぬ姿を見ると、チームの育成力にも疑問符が浮かんでくる。

    「藤浪について繰り返し言われてきたのは、とにかく頑固なこと。OBの江夏豊氏がキャッチボールの大切さを説いても軽く聞き流し、チームの先輩の能見篤史氏やR・メッセンジャー氏に“練習が足りない”と活を入れられても練習量が増えることはありませんでした。しかし、これには阪神というチームの体質も関係しています。

     まず難しいのは、監督がコロコロ変わること。阪神はファンが熱狂的なので、成績が悪いと球団がすぐに監督を交代しますが、球界では前の監督のお気に入りだった選手が、次の監督に干されるのはよくあること。さらに阪神には派閥闘争があるといわれるので、邪心なく監督やコーチに従うのが難しいチームです。おまけに、何かと口を出してくるOBも多いですし○。

     タニマチの存在も、選手の育成を阻む重要なポイントです。一軍半の選手がチヤホヤされて勘違いする例は多く、藤浪がコロナに感染したとされる食事会に参加したのも、“タニマチとの会食を断れなかった”と言われています。さらに、スポーツ紙の記者も、ネタを提供してくれる阪神の選手には低姿勢なので、若手が増長してしまうことも少なくありません」(スポーツ担当記者)


     阪神はここ10年でBクラスはわずか2回。今や“ダメ虎”と呼ぶ人間もいなくなったが、ことメジャー流出という観点から見れば、完全に“ハズレ”だ。

    「これまで阪神からメジャーに行ったのは、新庄剛志、藪恵壹、井川慶、藤川球児、そして藤浪の計5人。新庄以外はすべて投手ですが、のきなみ残念な結果に終わっています。藪はメジャーとマイナーを行ったり来たりでしたし、日本では無双状態だった藤川も、アメリカでは故障でほとんど実力を発揮できずじまい。井川に至っては、約30億円という巨額契約を結びながらわずか2勝に終わり、“ヤンキース史上最悪の契約”とまで言われました。

     ポジションもタイプも違う選手をひとまとめにするのは乱暴ですが、阪神からメジャーに行った選手を見ると、“メジャーに挑戦する”というよりも“阪神から出たい”という雰囲気が漂っているような気がして仕方ありません。不甲斐ない成績で激しいヤジに晒され続けた藤浪などは、その典型的な例。甲子園のヤジ攻撃の辛さには同情しますが、それから逃げるのではなく、成績で黙らせるぐらいの根性でなければ、メジャーで成功などあり得ないということでしょう」(前出・野球ライター)

     どれだけ酷い成績でも、スタンドからヤジられないアメリカの方がまだマシか。



    【大乱調を繰り返す藤浪晋太郎、改めて問われる「阪神の責任」】の続きを読む

    1:5ch名無し民2023/05/10(水) 22:57:08.38ID:hx9Bg36n9

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ba03e4c31cc0f8a2bb5a5ba5bfe4d8330f859a05



    病院で頼まれた写真撮影、断ったら...まさかの陰口 田村淳が困惑「怒りを抑えて診察に向かいます」


     お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが、2023年5月9日にツイッターを更新。病院で写真撮影を頼まれて断ったところ、小さな声で陰口を叩かれたことを明かした。


    ■「他の人の迷惑になる」

     田村さんはツイッターで「病院の待合室にて...『写真撮ってもらって良いですか?』」と声を掛けられたことを明かし、「えっ!撮ってあげたいけれど...ココで!? 他の人の迷惑になるしみんなそんな気持ちで来てないし そもそも僕も診察で来てるのよ」と困惑をつづった。

     田村さんは「ごめんなさい ココでは...」と断ったそうだが、その人から小さな声で「どこだったらいいんだよw」と陰口を叩かれたことを明かした。

     淳さんは「聞こえてる!聞こえてる!」とツッコミつつ、「怒りを抑えて診察に向かいますが...血圧高めになってると思います」とつづっていた。

     この投稿に淳さんの元には、「時と場合を考えなくてはいけませんよね」「さすがに病院の待合室はあかんやろ...」という同情の声が集まっていた。



    【病院で頼まれた写真撮影、断ったら...まさかの陰口、ロンブー田村淳が困惑】の続きを読む

    このページのトップヘ